何をしに行ったのでしょう

minaQのつぶやき 네토미나
https://ninoq.hatenablog.com/entry/2020/01/23/193000
▽以下引用▽
2020-01-23
ネパール雪崩捜索の韓国チーム 帰国決定

ニュース分析 今日の出来事 これが ”韓国型思考”

アンナプルナ雪崩の韓国人4人行方不明

雪山での捜索費用負担に韓国の現地チームは現場から一時撤収
ネパールでも評判の悪い韓国人登山、軍も警察もすでに捜索を放棄

[ソウルミーナ]ネパール・ヒマラヤのアンナプルナで韓国人教師4人と現地人3人が行方不明になってわずか7日目の23日(現地時間)、事故現場の捜索が事実上、暫定的に中止された。

遺体の発見に執着する韓国人としては異例中の異例だ。昨年のハンガリーで起きた7人死亡・21人不明のドナウ川遊覧船事故では沈没事故からすぐに現地捜索本部を設置するなど、賠償が要求できるとなれば現地警察まで相手にした無分別な行方不明者の捜索を強要するなど死体商売を繰り広げる韓国人が現地でも大きく報じられたりもした。

山での遭難は形通りの捜索の後は自費負担で捜索することになる。そのためヒマラヤ山系での行方不明者もそのまま放置されることが多く、忘れたころに遺体が発見されることが多い。

行方不明者の捜索にドローンを使うなど最新の捜索機材を持ち込んだ韓国チームだったが氷点下の気温からバッテリーが放電し、前進基地となった山荘では夜間に充電ができないなど不具合も発生した。また捜索に重機の導入を要求するなど現地の軍や警察の捜索に口出しをする韓国の現地捜索チームとの軋轢も噂されている。

登山家のオム·ホンギル隊長が率いるKTドローン捜索チームは軍部隊や警察に(充電の)協力を受けようとしたが冷たくあしらわれると韓国に戻ることを決めた。ネパール軍·民間捜索隊なども現場から一時撤退している。

外交部迅速対応チームは同日「軍捜索隊、捜索犬動員捜索チーム、民間捜索チームいずれもポカラに撤収した」とし「住民捜索チームも村に撤収している」と明らかにした。

KTドローン捜索チームが同日動員した大型ドローンも氷点下10度前後の厳しい寒さによってSDメモリーカードが誤作動を起こし、バッテリーが早く放電されているなど、機能が正常に作動しなかったという。

先立ち、忠清南道教育庁所属の教師4人は、今月17日午前、アンナプルナデウラルリの山荘から下山途中、ネパール人ガイド3人(他のグループ所属の1人含む)とともに雪崩に巻き込まれて行方不明になった。

(ソウル/みそっち)

損得勘定の計算スピードは世界最高レベルなんですが、その判断を誤ることが多いのが韓国人の特徴です。まぁそっとしておくのがイイんでしょうね。

ちなみにヒマラヤ登山のシェルパには韓国人の登山家の評判がとても悪いです。過去には、ネパールのシェルパ組合(エベレスト登山の案内人)は、今後、韓国人登山客の道案内はしない』と公式に表明したこともありました。 まぁヒマラヤの麓まで行けば「世界の屋根を征服した」くらいのことを本気で言い出すのが韓国人ですから現地の軍や警察の撤収が早かったのは当然でしょうね。 くふふっ <以下はして欄から引用>
にょろ

亡くなられた現地の皆様にお悔やみを。
ヒマラヤをアレらの穢らわしい血肉で汚さないで欲しいものです。
6分前 Add Star


生ごみ処理は現地任せニカ??
9時間前 Add Star
△以上引用△

ことごとく卑しい民族です

『minaQのつぶやき 네토미나』さんから引用です。
https://ninoq.hatenablog.com/entry/2020/01/20/180000
▽以下引用▽
2020-01-20
ヒマラヤ雪崩 韓国人は4人

ヒマラヤ雪崩教師4人行方不明... 捜索費用は払う気なし

韓国人関係者「ドローンを飛ばせ」ドローンは誰が操作するの?
公費の負担で12泊13日の登山旅行のうちネパールへは奉仕活動は3日だけ

[午後のミーナ]忠南教育庁所属の韓国人教師4人がネパールのヒマラヤ・アンナプルナをトラッキングしていたところ雪崩を会って行方不明になっている。

事故は17日(現地時間)午前10時30分∼11時ころ、ネパールの首都カトマンズの北西に位置するアンナプルナ地域で、アンナプルナのベースキャンプへトレッキングコースのうち海抜3,230メートルのデウラルリ地域で雪崩に遭ったと外交部が18日明らかにした。

現在まで韓国人4人と現地ガイド3人が行方不明になり、事故直後、ネパール当局はヘリを動員して航空捜索に乗り出したが、まだ行方不明者は発見されていないという。

忠南教育庁は18日のブリーフィングで事故に遭った教師4人を含む一行9人が17日、シヌート(標高2340m)を出発し、デウラルリー(標高3230m)まで行って気象悪化で帰って来る途中で雪崩に会ったと発​​表した。

しかし、確認の結果、これらはすでに16日にデウラルリーに到着すると、宿泊をした後、17日午前、気象悪化で下山をするはめになり、デウラルリーとヒマラヤロッジ(標高2920m)の中間付近で雪崩に会ったことがわかった。

当初の発表とはトレッキング時点、場所が正しく伝えられていなかった。また忠南教育庁は「ネパールの学生が登校していない金曜日と週末を利用してトレッキングに出たこと」としたが、教師はすでに木曜日の16日にデウラルリーに到着した状況だった。

25日までネパールのカトマンズ近隣地域の小学校と中学校と勉強部屋などを視察する予定で教育ボランティア活動に参加したことになっていた教師はあわせて11人で、行方不明となった現職教師らは入念な入山の計画を立ててこの13日に出発して直接現地入りしたが、現地での教育ボランティア活動のために滞在していたということになったわけだ。

(ソウル/みそっち)

登山はお金が掛かりますが、まさか3000m級の山の上に教育ボランティア活動で行く人はいませんから、その費用を海外教育ボランティアってことで税金で賄うことにしたわけです。

そうなると休暇を出した教育庁も対策を取らなきゃなりません。そいうわけで外交部と教育庁が緊急対策室の設置だそうです。

現地で救助ヘリコプターを飛ばすと膨大なお金が掛かることが伝えられると、韓国人の口から出てきたのが「ドローンで捜索」というハナシですよ。まるで「ポツンと一軒家」みたいなものだと考えていることがよくわかりますね。

でもね、観光客が目指して上ってくるところなんですけどね。
△以下引用△

都合良く解釈します

シンシアリーさんから引用です。
https://sincereleeblog.com/2020/01/20/%e9%9f%93%e5%9b%bd%e3%80%81%e5%ae%89%e5%80%8d%e7%b7%8f%e7%90%86%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%82%82%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%82%82%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%81%aa%e9%9a%a3%e5%9b%bd%e3%80%8d%e3%81%ab%e6%8b%98%e3%82%8b/
▽以下引用▽
2020年1月20日
韓国、安倍総理の「もっとも重要な隣国」に拘る

今の日韓関係を「悪化」と言うなら(個人的な感覚では別に悪化でもありませんが)、もっとも懸念される材料は何でしょうか。昨日も書きましたが、やはり日本企業の資産売却、現金化でしょう。3月と噂されています。

しかし、聯合ニュースは「来週(ソース記事が昨日のものですので、今週のことです)、日韓関係の変数が集まっている!(キリッ)とする記事がありました。来週、何があるというのでしょうか。以下、聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

(ここから「続きを読む」の後になります)

・韓国と日本政府が関係改善を模索する中で、来週初め、日本発「変数」が相次ぐ

安倍総理20日通常国会開院で施政方針演説をする。2018年には「(韓国は)戦略的利益を共有するための最も重要な隣国」という表現を削除した。昨年1月には、韓国を事実上言及しない意図的な「パッシング」議論を生んだ

・ヤン・ギホ聖公会大教授は「東京オリンピックを控えただけに、少なくとも韓国を『最も重要な隣国』とは言うだろう」と予想した

茂木敏充外相の演説にも、領土関連の内容が含まれることが多いので、独島(※竹島のこと)問題にも言及される可能性がある。

・同じ日、東京都心に拡張概観する日本政府の「領土・主権展示館」も避けることができない悪材料だ。韓国政府は、2018年1月外交部スポークスマン人抗議声明を発表し、即時閉鎖を要求したが、日本政府は一蹴した。韓国政府当局者は「さまざまな対応策を検討中」とし「相応する措置をする」と明らかにした

https://news.v.daum.net/v/20200119135834626

いやいやいやいや、破壊力でいうなら現金化のほうが遥かに上でしょうに。どうしても「騒ぎを起こしているのは日本だ」という流れにしたいのでしょう。聯合ニュースはニュース通信社であるため、いくつかのメディアがまったく同じ内容の記事を載せています。
△以上引用△

イタイ妄想

『こりあうぉっちんぐ』さんから引用です。
http://ameblo.jp/nobody0728/entry-12568657104.html?frm_src=favoritemail
▽以下引用▽
韓国人は夢を夢見るヒトたちですしねえ
テーマ:韓国事情

2020/1/21 朝鮮日報

米紙「南北共同五輪誘致構想は絵に描いた餅」「文大統領はラ・ラ・ランドに住んでいる」

 米ワシントンポストは18日、文在寅ムン・ジェイン)大統領が新年の辞の記者会見で2032年の五輪南北共同誘致を表明したことを「絵に書いた餅(pie in the sky)」と評した。南北関係、北朝鮮の人権問題、外国人観光客、報道陣の安全問題を考えると現実性を欠くとの分析だ。

 同紙は「これほど大規模のイベントを共同で準備するほど韓国と北朝鮮が何年も安定的な関係を維持し、世界のメディアが参加し、数百万人の観衆が自由に競技を楽しむことができるという考えは全く『絵に書いた餅』だとアナリストの多くが語る」と伝えた。

 同紙は文大統領の対北朝鮮構想について、「空想家的(visionary)な物から愚かな(foolish)物までに分かれる」とし、「北朝鮮は韓国と対話することを拒否し、軽蔑と侮辱に満ちた公式報道を通じてのみ意思疎通を行っている」と指摘した。同紙は北朝鮮女子サッカーチームが今年2月、済州島で開かれた東京五輪最終予選に参加せず、昨年10月に平壌で開かれたサッカー・ワールドカップ予選の韓国対北朝鮮戦が無観客・中継なしで行われたことを例に挙げた。ヒューマン・ライツ・ウォッチでアジア局副局長を務めるフィル・ロバートソン氏は「北朝鮮に対する認識に関して、文大統領は『ラ・ラ・ランド』(ファンタジー映画)のような別世界に住んでいる。五輪共同開催提案は現在の政治的現実と完全にかけ離れた太陽政策的楽観主義の上に構築された巨大プロジェクトだ」と評した。

 同紙は北朝鮮の人権と安全の問題も指摘する。「2022年の(サッカー)ワールドカップを誘致したカタールが建設現場の移住労働者を搾取しているとの批判を受けたが、北朝鮮の五輪競技場が強制労働で建設されるとすればどうか。大学生オットー・ワームビア氏がなぜ平壌訪問中にポスターを破った疑いで監獄に閉じ込められ、昏睡状態に陥り、米国に帰国した直後に死亡したのかを思い出せ」と書いた。米国防フォーラムのスーザン・ショルティ代表は同紙に対し、「(韓国と北朝鮮の)両国が共に五輪誘致に取り組むことは北朝鮮住民に毎日加えられる過酷な行為を無視するものであり、活気ある共和国である韓国の地位を(北朝鮮と)同じ地位におとしめるものだ」と述べた。

金真明(キム・ジンミョン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/21/2020012180072.html

引用ここまで

 ああ、これはねえ・・・・・朝鮮人は空理空論の民族ですからねえ。寅さんの兄貴分だった廬武鉉なんかも立派そうなことを言っていましたが、結局は崖から飛び降りていましたしねえ。

 韓国の大統領なんぞは利権の調整者でしかないんですよね。それで退任後に自分や家族が無事だった大統領なんか一人もいないんです。
 そういう国なんですね。日米欧の首相や大統領で引退後に逮捕された人物などどれくらいいるか。

 しかし韓国じゃそれが普通なんです。まあ中華圏はそういうものなんですな。収賄が普通に行われている国なんです。司馬遼太郎も同じようなことを書いていたと思いましたが、シナ朝鮮の社会体制というものは収賄体制なんです。

 それでも空理空論だけは達者ですからねえ。寅さんなんかはラ・ラ・ランドで夢を見ているだけなんですね。
△以上引用△

今や売国企業です

『中杉 弘の徒然日記『さんから引用です。
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12568456210.html?frm_src=favoritemail
▽以下引用▽
日本政府に圧力をかけるもの ①
f:id:arsh99:20200122144643j:plain

東レの会長の榊原定征=崔定征は、経産省の再三の要請を無視して、韓国に最重要技術を移転した。また、東レの研究所・工場は、弾道ミサイル技術の心臓部を北朝鮮に提供した。このため、榊原定征は韓国の「金塔産業勲章」を、東レ経営研究所社長の飯島英胤は韓国の「光化章」を受章した。榊原定征の頭の中には、「日本」などどこにもありません。あるのは私利私欲だけです。

 かつて日本で行われた軍による革命2.26事件の時に、『青年日本の歌昭和維新の歌)』に、「♪汨羅(べきら)の淵に波騒ぎ 巫山(ふざん)の雲は乱れ飛ぶ 溷濁(こんだく)の世に我起(た)てば 義憤に燃えて血潮湧く。権門上に倣(おご)れども 国を憂うる誠なし 財閥富を誇れども 社稷(しゃしょく)を思う心なし♪」という歌がありました。

これを見た時によくわかるのです。当時の独走した軍部の考え方と、似た考え方をしている連中がいるのです。「何故、軍部は独走したのか?」というと、「日本」が一番大事なのに、軍部には「日本」という考え方がなかったのです。

 これが今の日本の官僚です。官僚は、自分の出世と、自分の立場と、手柄を立てることは一生懸命考えています。しかし、「日本」という概念が抜けているのです。

 もう一つあります。それは財閥です。今では経団連です。この連中は、国益或いは「日本」というものを認めていません。自分の利益だけを求めていくのですから、北朝鮮へも行くし、中国にも出かけていくし、どこへでもヒョロヒョロと出かけていくのです。

 頭の中にあるのは「自分の利益」だけです。パナソニックは中国に出かけて行き、「パナソニック中国」となり、中国を本店にして、日本を支店にするような考えで仕事をしているのです。

 松下幸之助が創業したのが、松下電器産業です。それが、いつの間にかなくなってしまい、松下幸之助はどこにも出てきません。松下幸之助は立派な経営者です。パナソニックは中国に本店を置くというのです。それは、おかしいのです。

 経団連の元会長は榊原定征です。榊原定征東レの社長だったのです。榊原定征朝鮮人です。何故、朝鮮人が日本の経団連の会長をやっているのでしょうか? 榊原定征東レも辞めたけれども、経団連の副会長も朝鮮人だと言われています。

 何故、日本の一番大事な経団連朝鮮人がいるのでしょうか? 榊原は東レの会長の時に韓国に1千億円の工場を建てたのです。そこから利益があがらないので、東レの会長を辞めたのです。

 榊原定征の頭の中には、「日本」などどこにもありません。あるのは私利私欲だけです。この私利私欲を持って日本の政治家に圧力をかけるのです。それで言うことを聞かせるのです。

 日本の政治家はもっと素直なところがあるので、日本のことを一番に考えるのです。そうではない人もいます。日本の首相が日本のことを考えてくれなかったら、首相でいる意味がありません。

 日本の首相に経団連が圧力をかけるのです。それも徒党を組んで圧力をかけるのです。二階俊博はこの間、中国に3千名連れていきました。今度は、韓国に千名連れていくというのです。

 ただ、気をつけなさい。中国に引っ張られて晩餐会に出てくる肉は、人間の(省略)肉だと僕は思っています。ソーセージや腸詰めなどに混ぜられていて、「美味い、美味い」と食っている肉が人間の(省略)だったらどうするのでしょうか?

 しかも味付けされて料理されていたら人間の(省略)だとは思いません。「これは何の肉ですか?」と聞くと「それは最高の肉ですよ」と言われて終わってしまいます。

 (省略)はどのようなものかというと、古来からオットセイの(省略)や、虎の(省略)は、精力剤だと言われてきたのです。(省略)には男性ホルモンが入っている。

 例えば、(省略)を5個も食べてしまうと男性ホルモンがグワーと体中を回ってくるのです。ものすごい効き目があるのです。夜になるとどうなるのかというと女が欲しくなるのです。

 実際に中国の精力剤の丸薬を飲んだ人がいるのです。聞いてみると、2錠ワンセットで中国が出している精力剤があるのです。それを1回飲むと(省略)が立ってどうしようもなくなるのです。

 いつもより10センチ大きくなったというのです。それで女が欲しくなってやってしまうのです。終わると「また、1錠飲んでください」と言うのです。2錠目を飲むとまたムラムラとくるのです。

 1日に3回はできてしまうのです。いい年のお父さんが1日3回もやっていたら大変です。知らない間にそのようなことをやっているのです。「貴方は男性ホルモンをたっぷりと食べましたね」そこでハニートラップです。

 体が火照ってしますのですから、堅物でも乗っかってしまうのです。中国共産党の接待を受けている政治家や、財界はそのようなことをやっているのではないでしょ? 

 中国人は古来から「人間の肉は美味い」と言っているのです。一番美味いのは(省略)でしょう。普通の国では「人間の(省略)」など売っていません。ところが、中国共産党は100万人も臓器狩りをして殺しているのですから、人間の(省略)が取れるのです。

 (省略)は臓器売買では使いません。中国人は(省略)を刺身にして食ってしまうのでしょう。事実あったのです。僕は見て知っているのです。阿佐ヶ谷に実に美味しい煮込み屋の店があったのです。一番に売り切れてしまうメニューが、豚の(省略)です。「タマ刺し」というのです。

 夕方5時に開店して、夜の7時には売り切れです。お店の親父さんが「売り切れました」と言うのです。どのような形で出てくるのかというと、豚の(省略)がスライスされているのです。マグロのトロのようなものがスライスされているのです。

 それをお客さんは「美味い・美味い」と食っているのです。今、考えてみると、「タマ刺し」を食べていた連中は、精力剤を求めていた連中です。豚の(省略)は男性ホルモンがたくさん入っているから効くのです。

 ホルモンは豚であろうと、牛であろうと同じです。動物によって変わるということはありません。(省略)には同じ男性ホルモンが入っているのです。僕は「なるほど、そうか!」と思いました。中国の古来からの人肉思想の根本的な考え方は、「自分の肝臓が痛んでいたら、肝臓を食べろ」ということです。
榊原定征東レ会長)

A: 榊原定征東レ会長)は、2014年6月3日から経団連会長に就任した。 財界の韓国訪問団を引き連れてソウルに行ったときは、毎回、得意満面になって韓国語をペラペラ喋っています。 昨日、失職したパククネ前大統領に、平身低頭しながら日本の財界人の面々を韓国語で紹介していました。 テレビ・ニュースでも、榊原定征が韓国語でパククネ前大統領と対話しているシーンを少しだけ報道していました。

B: 榊原定征 は、パンチョッパリ(混血)の舛添要一と違って、日韓併合時代(1910~1945)の100%朝鮮人の両親から生まれました。 この朝鮮人の両親は、朝鮮動乱初期の1951年に「日本人になりすました方が得だ」と考えて日本国籍を取りました。しかし、この両親は、日本人に帰化する意志はなく、反日左翼の思想を貫き、「カネの力で日本人どもに復讐するのが、おまえの天命じゃ」と言い聞かせながら育てたのが、榊原定征です。

C: 合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品を製造販売してきた三井グループの名門企業の東レは、戦前の1926年に創業したが、榊原定征に代表される通名日本人(在日韓国人)たちによって1995年に乗っ取られた。 1995年と言えば、阪神淡路大震災オウム真理教事件、国松警察庁長官暗殺未遂事件が起きた年だ。

D:「榊原定征は、東レの社長・会長の座をつかむために、朝鮮総連・韓国民団・暴力団・パチンコ業界・芸能界の在日朝鮮人の人脈をフルに活用した。さらに、韓国版CIAと呼ばれる韓国国家情報院の人的・資金的な支援を受けてきた」と噂されている。 そして、「東レの出世争いのライバルは、あらゆる方法で消された」と。

E: 朝鮮人を一人でも企業の中に入れると、芋ずる式に朝鮮人を引き入れ、朝鮮人だけから成る「秘密の連絡会議」が結成され、企業が乗っ取られてしまう。 しかも、これらの朝鮮人は、日本人のフリをしているから、周囲の日本人たちは、その暗躍に気づかない。 実に恐ろしい社会現象だ。

F: 「韓国とビジネスするには、女を抱かないとビジネスにならない」って、黒田勝弘さんが本に書いていたな。たしか、呉善花さんの本にも、そんなことが書いてあった。韓国に取引に行って突然親韓派になって、交渉成立させる企業のトップは例外なく女を抱かされているそうだ。自分の知り合いも、「韓国に交渉に行ったら、予約してもらったホテルのベッドに女性がいた」と言っていた。

G: 定征(さだゆき)とは、「日本人をカネの力で征服する定め」という念願を込めて、朝鮮人の両親が名付けたんじゃなかろうか。

経団連会長の榊原定征の韓国名は「崔定征」

経団連会長の榊原定征の韓国名は「崔定征」

東レの会長の榊原定征=崔定征は、経産省の再三の要請を無視して、韓国に最重要技術を移転した。また、東レの研究所・工場は、弾道ミサイル技術の心臓部を北朝鮮に提供した。このため、榊原定征は韓国の「金塔産業勲章」を、東レ経営研究所社長の飯島英胤は韓国の「光化章」を受章した。<以下はコメント欄から引用>
2
こんにちは。
いつも勉強になります。ありがとうございます。

ただ、大東亜戦争が軍部の暴走というのは、確かに一般的な話ですが、それはアメリカか共産主義者たちの創り上げた嘘のようです。
そのことが最近、林千勝という研究家によって暴露されています。論拠もしっかりしていて、筋も通ります。ほぼ、間違いのない事実でしょう。その内容が以下です。
https://youtu.be/9KKnxD7ZSt8
https://youtu.be/xN46Vk0ZMDo
他にも幾つも動画が上がっていますので、是非見られて下さい。
軍部には元々緻密な戦略があり、アメリカとの開戦は望んでいなかった。そのプランに沿って望めば、十分勝てる戦争だった。
アメリカも、当時は90%が戦争反対の世論だった。
では、なぜ真珠湾攻撃ということになったのか。この攻撃は、軍部では一切プランに入っていなかったのにです。真珠湾攻撃をすれば、敗ける可能性が高いということも言われていたのです。
昭和天皇も戦争は望んでいなかった。では、なぜ、開戦を陛下が認めたのか。
全ての不思議を林先生が暴いています。驚愕の内容ですが、筋が通っています。論拠もしっかりしています。異論を挟む余地がないほどに。
私もですが、中杉先生も騙されていたのです。

3
無題
>略・・・朝鮮動乱初期の1951年に「日本人になりすました方が得だ」と考えて日本国籍を取りました。しかし、この両親は、日本人に帰化する意志はなく、反日左翼の思想を貫き、

質問です。どなたでも。
国籍をとることを帰化というのではないのですか?
それを日本人というのではないですか。
ちょっと混乱してます。

4
無題
北朝鮮の生みの親 偽プーチン

身分を奪う「背乗り」の恐怖

?こうして「定着先」を確保した工作員たちは、次に自らの身分を「合法化」する。
その代表的な手法が「背乗り」(はいのり)だ。端的に言えば、日本人や在日朝鮮人の身分を、乗っ取るのである。

背乗りは、もともと旧ソ連諜報機関KGB(現在のSVRの前身)が得意としていた手法だ。
対象国の国籍を持つ人間に成り代わって、社会生活を営みながら、諜報活動を展開するという手口である。

北朝鮮の工作機関は、歴史的な経緯から、KGBをモデルとし、そのスパイ技術を学んできた。
旧ソ連工作員たちが、アメリカやヨーロッパに浸透する際、同じ白人であるから見分けがつかないということを利用したのと同様、北の工作員たちは日本人とは一見して見分けがつかないことを武器に、リベラルバカすなわちバカサヨ日本人に成りすますのだ。

なぜ政府はスパイ防止法を制定しないのでしょうか
△以上引用△

左傾にもかかわらず

左傾にもかかわらず

保守のふりをします。

『中杉 弘の徒然日記 』さんから引用です。 http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12567497440.html?frm_src=favoritemail
▽以下引用▽
真の敵は中国!

f:id:arsh99:20200121150211j:plain
公明党は中国の発展など考えていません。利権を握ることを考えているのです。日中協会をつくって「ご苦労さん」と言って中国人は日本の政治家を大歓迎するのです。大宴会を開いて、馬鹿は人肉を食わされていることも知りません。

https://www.sankei.com/politics/photos/150901/plt1509010015-p1.html

 真の敵は中国です。そのことを忘れている人間たちが多すぎるのです。日本にとって中国は敵です。何故、敵なのでしょうか? 中国は日本の尖閣諸島を狙っています。沖縄も狙っています。しかも日本の鳥島周辺に出かけて行き、珊瑚を泥棒したのです。

 今でも中国機は日本の領空侵犯をバンバンしています。これが敵ではなかったら、何なのでしょうか? 中国は仲よくする相手なのでしょうか? 日本が本当に警戒するべき国は中国なのです。

 韓国が何を言おうと、北朝鮮が暴れようと、大した影響力はありません。中国は15億人の人口がいます。今の中国の発展は鄧小平が引いた路線です。その前に引いた路線は何かというと、毛沢東路線です。

 毛沢東がとった路線はすべて失敗しているのです。3千万~5千万人という餓死者が出たのです。何故、餓死者が出たのかというと、工業や農業がまとめて造っていくものを「各村ですべて自給自足して造れ」と言ったのです。村で鉄を溶かして、クワやスキをつくるのです。それで農作物をつくるのです。こんなことはどのように考えても上手く行く筈がありません。

 毛沢東の路線は失敗して、餓死者が何千万人も出たのです。毛沢東という男は非常にズルイ男です。自分の責任だということを絶対に認めません。「地方の地主やインテリ階級が自分の路線を妨害したのだ。だから上手くいかないのだ」と言って紅衛兵に命令して「インテリ階級をぶっ倒せ!」と言ったのです。

 紅衛兵は14~15歳の若者です。15歳のガキが「マンツートンマンセー」と叫んで赤い手帳を持ってインテリ階級を捕まえて、学校の校庭に引きずり出したのです。頭に三角頭巾をかぶせて「私はこんな悪いことをしました。謝ります」という紙を持たせたのです。

 その後、集団でリンチをしたのです。夜になると、謝罪をさせたインテリ階級は腹に大の字の切り込みを入れられて、その上にジャンプして飛び乗り、臓物が飛び出すと我先に飯盒の中に入れて持ち帰って食ってしまったのです。

 中国人には昔から「憎い相手は食ってしまえ」という思想があるのです。地主やインテリ階級は人民にとっては憎らしいのです。憎らしい奴は食ってしまうのです。「そうすれば憎らしいあいつはもっと地獄へ行くのだ」という考えがあるのです。

 これが中国の人肉食の根底にある考え方です。「憎らしい奴は食え」というのですから、「このインテリ階級を食っていいぞ」と言われると紅衛兵は「うおー!」と喜んで襲ったのです。「この憎い奴を一口でも食ってやる」と思っているのです。

 紅衛兵がインテリ階級を食い尽くしてしまうと、ジジイやババアは残った死体の脳髄をかちわって脳ミソを飲んだのです。こんなことは中国人にとっては日常なのです。

 毛沢東は盛んに工作をしたのです。「周恩来よりも先に死ねない。どんなことをしても周恩来をコキ下ろしてやる」と思っていたそうです。毛沢東周恩来を絶対に自分より上に行かせないようにしたのです。

 外側から見ると仲良くやっていたように見えますが、中味は全然違います。「絶対にコノヤロウを上に行かせない」と思っていたのです。そのための作戦として、「周恩来が癌になっても一切、手術をさせるな」と毛沢東は言ったのです。

 「治療の方法を教えるな」と言って、周恩来が癌で死ぬようにしたのです。実際、周恩来毛沢東よりも6ヶ月早く死んでしまったのです。

 中国は何もありません。資本もない、技術もありません。わずかばかりあった建物や工場はみんな紅衛兵が襲ってぶっ壊してしまったのです。だから、中国には何もありません。それを鄧小平が、やけくそになり、「中国には何もない。よそから引っ張って来い」と命令を出したのです。

 人もお金も外国から入れるのです。外国の資本を入れると今までのようにおとなしくしたがっていません。資本同士が暴れるから、大暴れすることになったのです。そのような体制をつくったのです。

 「とにかく、中国に入ってくる物はみんなもらってしまえ」と言って、鄧小平がかき集めたのです。それで今日の中国の基礎ができたのです。中国の基礎ができたと言っても、一番大きな基礎を造ったのは日本です。日本は中国に9兆円のODAを出したのです。

 田中角栄が中国に行って日中国交正常化をやったのです。「中国と仲良くしないで、どこと仲良くするのだ。中国は隣人だぞ。中国と仲良くしないでどうするのだ」と田中角栄は言ったのです。

 今は二階俊博が同じことを言っています。「隣人と仲良くしないでどこと仲良くするのだ」と言っています。仲よくではありません。「金を持ってこい!」ということです。

 「中国の国土と中国の人民を利用して、中国にないのはお金だからお金と技術を渡して中国が発展すれば我々の世界に追いついてくる」という計算です。

 実際は、ワイロ・ワイロ・ワイロです。二階俊博は甘い思いを知っていて、未だにそれが忘れられないのです。何千億円を中国にあげるのですから、その見返りが当然政治家にはあるのです。ちょっとやそっとのワイロではありません。

 そのように考えると中国の発展は日本が作ってあげたようなものです。中国にはODAで日本のお金を出してあげたのです。そこで公明党も大活躍をしたのです。未だに公明党は中国の利権を握っているのです。

 公明党は中国の発展など考えていません。利権を握ることを考えているのです。日中協会をつくって「ご苦労さん」と言って中国人は日本の政治家を大歓迎するのです。大宴会を開いて、馬鹿は人肉を食わされていることも知りません。

 「今日の宴会の肉は美味いね。何の肉でしょうかね」と思うと、人肉を食わされているのです。その名残が残っているのです。二階派の秋元議員が捕まりました。呆れたことに元検事の若狭勝さんが言っていました。「検察内部では100万円や200万円でやりませんよ」と言っていたのです。

 政治家が外国人からお金をもらったら犯罪です。「100万円もらいました」という情報が検察に入っても、検察は立件しないのです。見過ごしです。「1千万以上のお金を外国人からもらった」と言えば検察は動きます。

 それまでは検察は動きません。「では、100万円ずつちょろちょろもらっている奴は捕まえないのか?」というと、「その通りです」と言うのです。それが永田町のだいたいの相場になっているのです。

 IR事業で変な外国人のお金が代議士に動いているのです。国家に対するODAのバックマネーは、そんなはした金ではありません。バックマネーの金額も大きいので代議士も麻痺してしまうのです。

 政治家は外国人からお金など絶対にもらってはいけません。我々にはわからない法律があるのです。そんなものを使って悪用されるので政治家は絶対にお金はもらってはいけません。

 小泉進次郎はもうダメです。もう離婚だというウワサが流れています。女子アナや女性実業家の不倫がウワサされています。悪い血です。朝鮮人の血は強姦・ウソつき・二枚舌です。これが抜けません。この習慣が身についているので、もう終わりです。

 まだ擁護する連中もいるのです。小泉進次郎クラスになると実際の犯罪者にはなりません。貴乃花は逮捕されたのです。変な事件に巻き込まれて逮捕です。権力構造は怖いのです。

 いずれにしても本当の日本の脅威は中国です。北朝鮮や韓国は怖くもなんともありません。やはり日本の脅威は中国です。この中国を日本の馬鹿な政治家が増大させたのです。

 今では「中国をどうしようか」と手をこまねいているわけです。中国をどうするのでしょうか? 中国の臓器移植の問題をアメリカはもう把握済みです。全貌はわかっているのです。中国は年間100万人以上、ぶっ殺しています。国家犯罪が行われていることは、すべてわかっているのです。

 何故、アメリカはそれを言わないのかというとカードを使う時期ではないからです。カードというものは、「今度はこれでいくぞ」と段階を追って切っていくのです。「これが行き詰まったら、今度はこのカードだ」ということです。

 アメリカは、どんどんカードを切っていくから、そのうち臓器売買のカードが出てくるのです。そのときに日本が習近平国賓で呼んで恥じをかかないようにしなければいけません。こんな非人道のことをやっている中国は、これだけで揺することができるのです。

 世界の世論を浴びせて、世界から中国を抹消することもできるのです。ヒトラーでも臓器移植などやっていません。中国は殺人まで犯して臓器移植をやっているのです。これは一挙に吹き出してきます。もうアメリカはすべての情報を握っていると思ってよいのです。

 「へっへっへっ・・・・、奥の手があるぞ」とアメリカは思っているのです。後は、「為替相場でやる」と言っています。為替相場はドルを持った人でないとできません。だからアメリカは強いのです。それで中国を追い込むだろうと言われています。これを一挙にやると言っています。

隣人は太らせてはいけません。これを覚えておきましょう。隣人は太らせないで、分割統治をするのです。これが当たり前です。2つに割、3つに割っていくことが分割統治です。それを一つにまとめて大きくしていったら、その牙は当然日本にむきます。

 そこに売国奴が群がっているのです。売国奴は恐ろしい連中です。「国を食ってやろう」と考えているのです。隣人は太らせてはいけません。分割統治をするのです。これを覚えておきましょう。
△以上引用△

未開人ですから

『こりあうぉっちんぐ 』さんから引用です。
http://ameblo.jp/nobody0728/entry-12567968755.html?frm_src=favoritemail
▽以下引用▽
後進国の寝言ですしねえ

2020/1/18 朝鮮日報

韓国与党・政府・青瓦台、米大使に「朝鮮総督」総攻勢

 韓国大統領府と政府、与党は17日、米国のハリス駐韓大使に対する「総攻勢」を開始した。前日にハリス大使が南北協力事業について「米国と協議しなければならない」と発言しブレーキをかけたことについて、「主権」という言葉を使って遺憾の意を表明したのだ。文在寅ムン・ジェイン)大統領が新年の辞を通じて北朝鮮関連事業を積極的に進める意向を明らかにしたことで、「非核化と歩調をあわせるべき」とする米国との衝突が表面化したとも言える。

 韓国大統領府は17日「(ハリス)駐韓米国大使が駐在国大統領の発言と関連して、メディアの前で語った内容は非常に不適切だ」と批判した。大統領府のある関係者は「南北協力に関する部分はわが国の政府が決める事案だ」と釘を刺した。

 韓国統一部(省に相当)の李相旻(イ・サンミン)報道官は「対北朝鮮政策は大韓民国の主権にかかわるもの」と述べ、また与党・共に民主党で最高委員を務める薛勲(ソル・フン)議員は「大使は朝鮮総督なのか」と発言した。母親が日本人で米海軍提督出身でもあるハリス大使を「朝鮮総督」と呼んだのだ。与党を支持するネットユーザーの間からは、ハリス大使を「チョッパリ(日本人の蔑称)混血人のグンパリ(兵士の俗称)」「米国籍の倭寇」など侮辱的な言葉で非難する声が相次いだ。

 ハリス大使は16日、外信記者団との懇談会で「文大統領の(北朝鮮に対する)楽観主義は元気が良いが、それに伴う行動については米国との協議が必要だ」という趣旨の発言を行った。韓国政府は文大統領の新年の辞の前後から米国政府に様々なルートを通じ「南北道路・鉄道連結」「非武装地帯(DMZ)の平和地帯化」「金剛山観光と開城工業団地の再開」などを進める考えを伝えてきた。これについて韓米間の協議に詳しいある消息筋はこの日、本紙の取材に対し「米国のホワイトハウス国務省財務省など全てが『ワーキンググループでの会議を経なければならない』という同じ回答だった」と伝えた。制裁に違反する可能性をチェックするという意味だ。

 このような米国のブレーキにかかわらず、韓国政府は独自に北朝鮮関連事業を進める考えであることもわかった。文大統領はこの日、北方経済協力委員会から「今年を新北方協力の年にする」との報告を受けた際「今年はもう二度とないほど非常に良いチャンスを迎えただけに、新北方政策において実質的な成果を出すため最善を尽くしてほしい」と述べた。

金真明(キム・ジンミョン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/18/2020011880008.html

引用ここまで

 ああ、これはしょうがないんですね。韓国は実質的にはアメリカの属国なんですが自尊心・・・・実際には虚栄心が異常に高いですからねえ。

 それにアメリカやに日本は韓国の抗議に対しては、まあ後進国の言うことだからしょうがないだろう、という態度をとっていますからね。

 だから韓国は日本やアメリカには好きなことを言っているんですが、中国や北朝鮮にはモノ申せないんですね。少なくとも韓国は北朝鮮よりは発展しているのにねえ。

 しょうがないんです。華夷秩序の中では韓国は北朝鮮より下なんですから。まあ後進国の言うことですから。
△以上引用△